PR Uncategorized

【アパレル業界の仕事】アパレルEC運営の仕事とは 

アパレルEC運営担当者の仕事の様子

【アパレル業界の仕事】アパレルEC運営の仕事とは

以前から伸びてきていたアパレルECの割合いが、ここ数年の社会情勢の急激な変化で一気に加速しつつあります。そのためウェブ関係が苦手で二の足を踏んでいた企業も否応なくECサイトなどにも取り組まなくてはいけない状況となってきました。

そこで現在アパレル企業が最も力を注いでいるEC担当者について、 どんな魅力ややりがいがあるのか。どんなスキルが必要なのか?どんな人に向いていて、どのようにキャリアアップにしていくべきか?就職・転職に有利なスキルや資格についてもご紹介していきたいと思います。

こんな人におすすめ

  • アパレルEC担当の具体的な仕事内容が知りたい
  • アパレルEC関係で転職したいけど、どんなスキルが必要か知りたい
  • アパレルECが未経験でもできるか知りたい

【アパレル業界の就職・転職でトップクラスの実績】
▶▶▶ アパレル専門エージェントに無料で相談できるサイトはコチラ

アパレルEC運営の仕事内容とは

アパレルECサイトを中心として、どのような仕事があるかということを図解

アパレルのEC運営の仕事は表に見えるショップサイトだけでなく、実は非常に複雑で多くの仕事に分かれています。実店舗と連携したキャンペーンを行ったり、今後も継続して購入いただくためにSNSで会員登録を募集したり、実は想像以上に複雑に業務が絡みあっています。そのため、それぞれがポジションごとに専門的な業務を分担しています。

最近では実店舗と連携してブランドのファンが増えるような施策を行うなど、マーケティング手法もどんどん新しいものに対応していかなければならなくなっており、アパレル企業にこれまでなかったポジションも増えています。

大規模なアパレル会社では細かく業務が分担できますが、多くの中小アパレルでは多くの業務を複合的にこなさなければならないことが多いです。運営をディレクションするには全体的な知識が必要になります。

アパレルECの仕事 それぞれのポジション

アパレルECの仕事内容

  • アパレル商品の知識(ささげ業務に重要)
  • ウェブサイトの専門知識(UI/UXデザイン)
  • システム運用の知識(サイトのセキュリティ対策など)
  • 顧客・様々な部署と連携するコミュニケーションスキル
  • 広告運用のスキル
  • ECショップ全体の売上のためのマーケティング戦略
  • データ分析のスキル
  • プロジェクトマネジメント
  • トラブル解決能力

アパレルのECに携わる仕事の中には様々な専門分野があります。サイトデザインや商品に関わるフロント業務から、最近ではSNS活用なども盛んになり、新たな専門ポジションも増えてきています。

ココからは専門的な分野に分けて詳しく解説していきます。

*EC担当を含めたWEB担当全般について詳しく知りたい方はコチラ

アパレル業界でウェブ担当として、就職・転職するために必要なスキル

アパレル業界でウェブ担当として転職するために必要なスキル アパレル業界においてウェブスキルは非常に重要な役割を果たしています。特に、近年はオンラインショップやSNSを活用したマーケティングが盛んになっ ...

続きを見る

アパレルECのささげ業務

アパレルEC担当者が写真を撮っている様子

ささげ業務とは「撮影」・「採寸」・「原稿」

ささげ業務はECサイトでお客様が商品と接するフロント業務です。一番イメージしやすい仕事だと思います。写真画像によって商品のデザインや素材の雰囲気、具体的なスタイリングイメージなども入れて、購入したいという想いを持ってもらわなければなりません。

そして写真だけでは伝えきれない、サイズや詳細なアイテムの写真や商品紹介でお客様の不安や疑問を解消しなければなりません。あなたがお客様の立場だったら、この写真・この説明で買いたいと思うのか?そういったユーザー目線を持たなければならないです。

ポイント

  • 撮影:ライティング・アングル・フォーカス 商品を魅力的に見せること
  • 採寸:正確なサイズや計測箇所など、正しい情報を提供すること
  • 原稿:写真で伝わらない情報やお手入れの仕方など、プラスアルファの意識が大切
【アパレルECのささげ業務】売れる商品原稿の書き方とは?

【アパレルECのささげ業務】売れる商品原稿の書き方とは? アパレルECの【ささげ業務】の【原稿】作成は、ファッションECサイトにとって非常に重要です。商品原稿には主に顧客目線での伝え方と、商品検索のた ...

続きを見る

アパレルECのUI・UX・ウェブサイトデザイン担当

アパレルEC担当者がサイトデザインをしている様子

アパレルECサイトのデザインは社内でデザイナーが行う場合と、ウェブデザインを専門とする外部業者に委託する場合があります。コーディングなどを外部に委託するとしても、どういったサイトにするかという設計は社内にも専門的な知識を持っている人材が必要になります。

サイトのデザイン性・UI・UX

デザインには一般的に「トンマナ」と言われる原則があります。「トンマナ」 とは「トーン&マナー」の略で、デザインの統一感を出すための基本的な決め事になります。これはサイトデザインだけでなく、そのブランドで使用するコンテンツやキャンペーン広告のクリエイティブとも連携した統一感であり、大きくブランディングにも関わるものです。

デザインのトンマナ

  • レイアウト・余白
  • フォント
  • 配色
  • 写真・イラスト

ライティングのトンマナ

  • 表記の統一(かな・漢字)
  • 文末表現
  • 文字数
  • 使用しない文言

ウェブ上での体験に違和感があると、ユーザーはすぐに諦めて離脱して、二度とサイトで購入したいと思わないことが多いです。そのためサイト設計者は常にユーザー目線での使用感を研究して、改善を繰り返すことが重要な業務です。

視認できるデザイン以外にも、ECサイトの使いやすさについて気を付けるべき部分がUIやUXとなります。UIとはサイト上でユーザーが行うアクションに関わる要素を指し、メニューやボタン、登録フォームなど。UXとはユーザーがサイトを使用する全体的な印象を示し、スムーズに商品を探して購入ができたかなどが関係します。

ウェブサイトデザインのポイント

  • デザイン性:ブランドとサイトデザインのトンマナ設計
  • サイトUI:ユーザーにとって快適に使えるサイト画面
  • サイトUX:サイト全体の快適性によってリピートしたいかどうかが左右される

デザインソフトを最安値で勉強するならコチラがおすすめ⇓⇓⇓

【ファッション業界スキルアップ】AdobeCCを最安値で勉強する方法

【ファッション業界スキルアップ】AdobeCCを最安値で勉強する方法 アパレル・ファッション業界で就職・転職をしたい人が身に付けるべきスキルで、まず基本的に押さえておくべきことは、今後もファッション業 ...

続きを見る

アパレルECサイトのシステム運用業務担当

アパレルEC担当者がシステム運用を考えている写真

ECサイトを運営していくには、そもそものウェブサイト運営に関する知識は重要です。細かな部分は外部委託することも多いと思いますが、必要な知識がなければ、そもそも外部業者とのやり取りに行き違いが多くなってしまいます。そこでサイトを運営するために最低限必要な知識を中心に解説します。

サイトの運用とセキュリティ対策

ユーザーが最初に不安に思うことはECサイトを運営している会社の信用性です。最近でこそ多くの人がネット上で買い物をするようになってきていますが、やはり個人情報やカード番号を入れることを不安に感じる方は非常に多いです。ユーザーに安心してサイトで買い物をしていただくためには、そういったセキュリティもしっかりとして運用しているという信頼も重要なのです。

ユーザー保護

  • アカウント認証システム導入
  • 不正アクセスの監視
  • データ扱い者の社内管理

サイト運用側

  • SSL証明書の導入
  • データバックアップ
  • サーバーアップデート

サイト運営は大きく分けて運営者側がスムーズに運営するためのシステムと、ユーザー側の個人情報を守るためのシステム作りが主になります。運営には少なくともウェブサイト独特の仕組みを理解しておきましょう。

代表的な基本的なサイトのセキュリティ対策として、SSL証明書の導入があります。SSLとはインターネット上でデータを暗号化して送受信する仕組みの一つです。顧客情報を扱うECサイトには必須となっています。SSLを使用していないサイトはhttp://から始まるURLで表記され、SSLを使用するとhttps://から始まるURLになっています。

他には企業としても不測の事態に備えてデータのバックアップやサーバー管理、ユーザーさんの個人情報を守るための対策などが業務になります。

【アパレル業界の就職・転職でトップクラスの実績】
▶▶▶ アパレル専門エージェントに無料で相談できるサイトはコチラ

アパレルECのカスタマーサービス

アパレルECでカスタマー対応をしている様子

ECサイトのカスタマーサービスは、大切なお客様との接点です。実際の商品に対しての知識とお客様とのコミュニケーションスキルがメインとなります。ファッションに関してはもちろん、自社アイテムをしっかりと研究することが必要です。そしてお客様とメールや電話でのやり取りがメインとなります。この対応次第でお客様が離れてしまうか、ファンとなっていただけるかの重要なポジションでもあります。

マニュアル化する部分と顧客と信頼を作る接点

ECサイトにおいてカスタマーサービスは、アナログに顧客と接する唯一の部分といえます。だからこそ不用意な対応がブランドにとって重大な事故になってしまうことがあります。お客様が何を求めてコンタクトを取ってきているのかを考えた業務をすることが大切です。

ファッション商品の知識

  • デザイン・素材などの知識
  • お手入れについての知識
  • トラブル事例・マニュアルを押さえる

コミュニケーションスキル

  • 機械的でない臨機応変な対応
  • お客様視点でとらえること
  • トラブルをフィードバックして共有

ファッションアイテムをネットで購入した場合のトラブルについては、届いたものが思っていたイメージと違っていたり、サイズの問題など、ある程度予想されるものがたくさんあります。そういった事例に関しては、商品知識とともにマニュアルを作成して共有することで、多くの人が質の高いオペレーションをすることが可能です。

しかし機械的な対応をお客様は求めていません。マニュアル通りだけでいいのであれば、AIチャットなどで十分であり人がする必要もなくなるでしょう。良い企業はお客様の声であるクレームから学ぶことを重視しています。そうすることで信頼関係を構築し、ファンとなってもらうことでブランド力の向上にもつながっているのです。

広告運用・マーケティング担当者

アパレルECのオンラインマーケティングの図解

ECサイトを作っただけで商品を買ってもらえることはありません。それどころかサイトを見つけてもらえないということが非常に多いです。お客様にまずはどうやってブランドを認知してもらって、さらに興味を持ってもらい、ブランドのECサイトを知ってもらって、ファンになってもらって、購入していただくか?その仕組みを作ることがマーケティングです。

ターゲットの理解とマーケティング戦略

ファッションブランドにはそもそも、ブランドコンセプトやターゲットとなる顧客層のイメージが存在するはずです。そのターゲットとなる人に情報を届けるにはどうすればいいかを考えることから、ECサイトのマーケティングが始まります

どんなメディアを使用するのがいいのか?SNSがいいのか、LINE登録してもらうのがいいのか。さらに広告で認知を広げたほうがいいのか?いくつもの戦略のかけ合わせて、PDCAを繰り返すことが大切です。

ターゲット理解

  • ブランドのターゲットを明確に
  • ターゲット層の購買行動をチェック
  • ターゲットの集まるポイントはどこか

集客方法をプランニング

  • どんなメディアへの露出が効果的かを検討
  • SEOやSNSなどの広告運用スキル
  • PDCAの繰り返し

ここまでで察しの良い方は分かると思いますが、ネットで商品を購入することを考えない年配の方向けには、そもそもECサイト販売が向いていないということもマーケティングを理解する基本となります。世の中でECが伸びているからといって、全てがECに向いているわけではありません。

まずは自身もECサイトで買い物をしてみる。周囲の親・兄弟・親戚・友人の購買行動をインタビューしてみるだけでもマーケティングの研究は可能です。アパレルECの仕事で就職・転職してたいと考えているなら、こういった視点で日々勉強してみるのがいいでしょう。

ポイント

  • まずは顧客層を知ることから
  • SNSなどを使ってマーケティング目線で見ることが大切
  • ベストな正解はないのでPDCAの繰り返し

*2023年最新のSNSマーケティングのデータ無料ダウンロードはコチラ ▶▶▶ 2023SNSマーケティングマニュアル

アパレルECのデータ分析とマネジメント

アパレルEC担当のマネージャーが仕事をしている様子

インターネットの世界で最も重要視されるのがデータの活用です。ネットでは店舗の顧客管理情報などよりも遥かに簡単で多くの情報を得ることができるからです。さらに分析や改善もスピーディーに行えるのも特徴です。

紙媒体などの広告と違い、直ぐに修正ができるのも非常にメリットがあります。PDCAのサイクルを速く回すためにも、多くの部署と連携したマネジメント能力が高い人材が求められます。

データ分析ができて、PDCAを素早くまわすマネジメント

ウェブサイトのデータ分析にはアクセス解析ツールを使って、どのような行動からサイトに訪問してくれたのかといった動向を探ることができます。SNSからの訪問が多いのか?広告がどのくらい効果があったのか?現在売れているのはどんなアイテムか?など、リアルタイムに知ることで様々な策を考えることが可能です。

データ分析

  • 顧客データ分析
  • トラフィック・コンバージョン分析
  • トレンド分析

プロジェクトマネジメント

  • プロジェクトの全体を策定
  • データ分析から評価
  • 他部署とも連携して修正案を回す

データ分析にはセオリーもありますが、意外な広告で売上が上がったといった発想の転換や顧客の潜在心理などを考えることも重要です。マーケティングにはとにかく試すことで経験値がたまっていくことが重要です。

そしてプロジェクト全体を動かすには、多くの人の協力が必要です。急なプロジェクトの軌道修正といった事態を経験することも多いでしょう。責任者として判断し人を動かすには、普段からの信頼関係の構築が不可欠です。

▶▶▶アパレルマーケターの詳しい仕事についてはコチラ

*アパレルEC担当者が情報収集すべきファッションメディアはコチラ⇓⇓⇓

Uncategorized

アパレルEC担当者が情報収集におすすめのファッションメディア6選

アパレルEC担当者が情報収集におすすめのファッションメディア6選 アパレルEC担当者はファッション業界の動向はもちろんのこと、ECにおける集客・マーケティングの最新情報にも注目しておく必要があります。 ...

アパレルEC運営にオススメの資格・講座

ITパスポート

ITパスポートは、情報処理技術者試験の1つの区分になっており、情報処理に関する知識と技能を認定する国家資格です。IT系の最も基礎的な資格となりますが、経営全般・IT管理・IT技術の幅広く知識が深められる資格です。アパレル業界では、まだまだ不足しているITの知識スキルのある人材として他の人の一歩前に出ることができます。また他の業界に転職する際にも広く使える資格です。

▶▶▶STUDYingの通信講座でITパスポート試験講座を見る

デジハリオンラインAdobeマスター講座

資格ではありませんが、デザインソフトとして最も使われているillustratorやPhotoshopなどを始め、AdobeCCの1年間のライセンスが最安値の学生料金で使用でき、数種類のソフトをオンラインで学べる基礎講座。EC担当としても使えたら便利なillustratorやPhotoshop、さらに動画編集ソフトのpremiereProなどウェブマーケターとしても使えるスキルを身に付けることができます。

▶▶▶デジハリオンラインAdobeマスター講座の詳細を見る

AI入門講座

サービス業からメーカー・小売業なども、あらゆる業界でAI(人工知能)の活用が始まっています。最新のトレンドから、まずはAIをどのようにビジネスに活用できるかといった基礎的部分までカバー。企画・マーケティング・営業など、多くの方が注目している分野です。アパレルではまだまだ導入が少ないので、AI導入で新たなサービスを考えるきかっけとしても最適です。こちらのアパレルに限らないので、他業種への転職にも有利な資格となります。

▶▶▶ヒューマンアカデミーの通信講座【たのまな】のAI講座を見る

ファッションビジネス能力検定

アパレル・ファッションのビジネスに関して網羅的に勉強することができる資格です。服飾の専門学校等で専門知識を学んでいない方は、業界の全体を知ることができるのでオススメです。

▶▶▶ファッションビジネス能力検定に関して詳しく見る

TES 繊維製品品質管理士

アパレル・ファッション・繊維産業で注目の資格。繊維製品の品質について製品の製造や販売まで網羅した業界のスペシャリストとしての資格になります。ネット上で発信したり、ECサイトの文章にも世間は非常に敏感になってきています。アパレル企業が発信することや、商品に対する知識がブランドの信用にもなります。そのためアパレル・繊維に関してのスペシャリストとしての知識も、EC担当としては必要。ハードルの高い資格ですが、アパレル業界で長く仕事をするためには取っておいて損はないでしょう。

▶▶▶TES繊維製品品質管理士 の資格取得について見る

*EC担当からマーケターにキャリアップを目指すならコチラ

【アパレル企業で注目】マーケターの仕事とは

【アパレル企業で注目】マーケターの仕事とは 日本のアパレル・ファッション・繊維業界は海外の有名ブランドに比べて、ブランド力が弱いとかブランディングが苦手と言われています。そこで近年では、これまで苦手と ...

続きを見る

アパレルEC運営になりたいと考えている方へ

EC運営担当の仕事はアパレルの中でも特に将来性があり、今後もどんどんと必要とされる職種です。【撮影・採寸・原稿】といったフロント側の業務から、システム・マーケティング・MDまで非常に幅が広いです。

できれば、新卒でEC担当となって経験するのが良いですが、EC運営に似たことを個人で実績を作ることは可能です。そうすれば未経験でも実績をもとに採用してもらえる可能性があります。

SNSの運用や個人でブログを作ったりすることは、企業で担当するよりも大きな経験になります。URLの取得、サーバーのレンタルなど、年間1万円くらいまでで運営ができるので、企業でのEC経験をする機会がない人は、自分で勉強して実績をつくることをオススメします。個人でフリマサイトに出品するだけでも、販売に関する様々な経験をすることが可能です。うまくいけば副収入にも繋がっていきます。

そのためキャリアアップに関しても、自身がスキルを身に付けていけばいくほど可能性が広がりやすいので、是非ともウェブ全般の知識やスキルを深めていくことをおすすめします。特にウェブに関するスキルはアパレルに限らず必要とされていますので、他の業界へ転職するかもと考えている方、さらに在宅ワークや副業も考えている方も勉強をしてみてはいかがでしょうか。

\\\\\\\\ 登録無料でアパレル業界の就職・転職サポートを受けるなら ////////

クリーデンスに無料で登録

無料でアパレルパタンナーの転職を目指すなら、ファッション・アパレル業界専門の転職支援サービスのクリーデンスがおすすめ。人気の有名ブランドを含む3400社以上の企業から、あなたに合った求人を探して無料で転職サポートしてくれます。
▶▶▶ 無料でクリーデンスの転職支援サポートに登録する

-Uncategorized
-, , , , , , ,